パパ塾

2024中受を Sapix+パパ塾でどうにかするブログ

【2021受験振り返り】 受験当日の親の待機場所について

2021 に受験終了した長男氏の振り返り記事です

試験中の親の待機場所

2021 年の中学受験はコロナ禍の中で実施された中学受験。

試験中の親の待機場所の運用が、例年と大きく違っていました。

  • 体育館の収容人数制限
  • 受験終了時間の1時間前から使用可能といったの開放時間の制限
  • 換気のためドア・窓の解放 →寒い
  • 自家用車の来校許可し、運動場を駐車場として解放。自家用車を待機場所とする

などです。2022 年はもとの運用に戻るといいですね。

近隣のホテルも、テレワーク対応などで部屋を時間貸しするプランがあったりして 学校以外の待機場所も、喫茶店カラオケボックスからホテルを選択する人が多い印象です。

我が家は、 前泊をした第1希望校のみホテルを利用しそれ以外は自宅で待機しました。

学校で待機する必要あるのか?

学校で待機が必要なのは、「子どもの心身に不調が起きたとき」だと思います。

急にお腹が痛くなった等の体の不調は学校で保健室などで早急に休ませてもらえると考えました。

では、呼び出しにすぐに対応が必要なのはなにか、というと「心の不調が起きたとき」ではないかと思います。

  • 試験が始まるまでの時間にふと不安になる。
  • 最初の試験問題を見て頭が真っ白になりパニックになる。

などのふとした瞬間に自分を見失った時かなと思います。


試験が始まって戦闘モードに入ってしまえば、
良くも悪くもこれまで何十回とサピで解けない、分からない問題と向き合った経験があるので
それを思い出してパニックになることはないと考えたので試験開始までは学校で待つという選択をしました。


親もなんだかんだで緊張して疲れています。
集合時間から解散まで5時間近く待つことになるので
寒い体育館でパイプ椅子に座って待つのではなく
試験開始後は親が一番リラックスできる場所は、自宅だと判断して自宅で待機していました。

試験当日の行動

我が家は当日次のように行動しました。

  • 長男氏と登校。試験終了後の合流場所を確認して長男氏を送り出す。
  • 試験が始まるまで、親は学校で待機
  • 試験が始まって呼び出しがなければ、親帰宅
  • 試験が終わる30分前に学校到着する
  • 長男氏と合流

1科目目開始のチャイムと同時に待機場所から席を立つ方がちらほらいらっしゃいましたので、
同じような考えの方はそれなりにいるんだなと思いました。

まとめ

  • 2月の本番連戦中は親も疲れているのでリラックス&リフレッシュできる場所を確保
  • 学校で本当に待つ必要あるのか冷静に考える
  • 待機場所は『自宅』という選択肢もある